読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Allons-y tout doucement !

ひたすら気ままなことしか書かないブログ。今はファイナルファンタジー15が中心!

NTTを語った電話に騙されたら負けかもしれない

その他

 

久しぶりの更新。

イムリーに起こった出来事をまとめてみた。

 

 

ある晩、一本の電話が。

 

「NTTの○○と申します。

 現在フレッツ光を契約していらっしゃる方々へ順番にご案内の電話を差し上げておりまして…」

 

 

NTTを名乗る男性からの電話。

 

 

なんで090の携帯番号から?w

 

と思いながらもなんだか楽しそうな予感が!

※内容は覚えてる範囲での編集となります

 

 

アルト

NTT(?)

 

「どのようなご用件でしょうか?」

 

フレッツ光を利用している方に料金のお値下げがあるのでご連絡させて頂きました。」

 

ほう。値下げw

 

「で?」

 

「ご契約者様にかわっていただきたいのですが…。」

 

「私が聞きます。」

 

「あ…。そうですか。実はこの度ご利用の料金が下がるのですが、お電話でお話をしても仕組みやどこの部分が下がるのか分からない方が多いので、直接ご案内にうかがいたいのですが空いているお日にちはありますでしょうか?」

 

はいはいはい。なんで直接?ww

電話で言えばすむじゃんwwwてか郵送でよくない??wwww

 

「いやー…めんどくさいんで電話でいいですw」

 

「お時間は10分程なんで、そんなにかかりません!万が一説明がわからなければ、わかるまで担当を代えてご案内させていただきますので!」

 

わかるまで時間空けなきゃいけないのかよww余計めんどくせーなwwwww

(この日ストレスたまっていたので口が悪いアルト氏)

 

「めんどくさいですw」

 

「でもお値下げが…」

 

「なんで会わなきゃ下がらないんですか?ww」

 

「どこの部分が変更になって変わったのかわからない方が多いので…」

 

「別に安くなればいいんですけどwwww」

 答えになってねーわwww

 

「本当に少しですむ「めんどくさいからいいですwwww」

 

「え?」

 

「だから、めんどくさいからいいですw失礼しまーすwww

 

 

 

こうして電話は終了。

 

 

後日、NTT(本家)に電話で聞いてみた。

 

 

アルト

NTT(本家)

 

 

「すいません、お伺いしたいのですが、NTTからフレッツ光の契約者の自宅へ電話で料金が安くなるのでという案内をしていますか?

 

「NTTからでは…料金が安くなるという電話は差し上げていないですね~。」

(頼りなさそうな兄ちゃん)

 

「実は…(あった出来事を話す)と、いう電話があったので本当にNTTからの電話だったのかと確認をしたくお電話をしました。」

 

「そうですね~…。万が一、NTTからであればお電話ではなく郵送でのご案内となります。あとは代理店の場合はお電話を差し上げることもあるかもしれませんが…。」

 

この後色々聞こうと思ったが、このオペレーターはだいぶハズレだと直感したので聞きたいところをギュッと聞いて電話終了。

なんだよ!繋がるまで10分も待ったのに!!!!!!

 

 

NTT(本家)からの回答

・NTTが直接、料金関係で電話をすることはない(郵送でのご案内となる)

・NTTを語った電話の問い合わせはあるが、直接会ってというケースは初めて(と言われた)

・代理店を通しての場合、NTTの名前を使う代理店が一部あるがその場合、代理店だという確認が取れない場合は話を聞いて少しでも怪しいと思ったら電話を切ったほうがよい

 

 

 

アルトまとめ

この場合、NTT(?)をNTT(偽者)としての見解である。

 

・NTT(?)を語る電話の時、一切むこうから名前を出さなかった。

恐らくこれは(アルト家の)名前を知らなかったからだろう。

「もしもし?」で電話を取ったので、苗字も語っていない。なのでむこうはお客様しか言えなかった。そして本来は契約者の自宅にかけた場合は、

○○様のご自宅でよろしかったでしょうか?

もしくは

ご契約者様の○○様はいらっしゃいますでしょうか?

と、聞いてくるのが一般的である。この時点で怪しさは120%。

 

 

・090など携帯番号からの着信。

この場合は非常に怪しい。営業などが携帯電話を使用しているケースはあるが(例えば宅配や修理などでくる現場のおっちゃんなど)、金銭関係の大切な話を携帯電話でかけてくる時点で使い捨ての携帯番号なんじゃね?とこのご時世思うよ。

 

 

・直接会って際に、専門用語での言葉攻めと契約内容のすり替え

電話を切った後に思った考察。

恐らく直接会いたいと言ったのは、不信感を払拭させること。恐らくものすごく外面がいいやつがくるだろう。そして専門用語でそれっぽい説明をする。

分からない場合はわかるまで担当を代えて説明すると言ったのは、会った人間にどこまで知識や警戒心があるかで騙せるレベルの人をあげて寄越すのだと思う。

つまり詐欺師レベルがどんどんランクアップする。

そして納得した(落とせた)時点で、料金の値下げ同意書だからサインをしてほしいと紙を渡されサインをしたら最後、実はNTTフレッツの契約から全く別の会社の契約にすり替わって安くなった!という、オチ。

 

 

皆様。

安易に電話でペラペラ情報を流さないことをおすすめする。

なんなら上手く誘導して相手が本当か嘘かを見極めて滅多切りにしても良い。

 

一度マンションを買いませんか?と会社に名指しで電話がかかってきたときに、言葉遊びをしていたら向こうの僕ちゃんが「実は連絡先のリストを買って電話しました」とゲロったことがあったので、その時は○○を××して最後に次ぎかけてきたら警察にすぐいってやるからそのリスト持ってるお仲間に二度と電話すんなって伝えとけ」と優しい伝言を僕ちゃんに告げて電話を切ったこともあった。

 

あとは親世代やちびっこなども注意だね。

 

 

最後に、

顧客情報がもしかしたら流失してるかも!?ご心配や不安を抱かせてしまい申し訳ありません!!

くらいの対応をNTTはするべき。

あのオペレーターはバイトだったのか?(怒)

 

犯罪に巻き込まれないように、自分で自分の身を守るには様々な情報を知っておいたほうがいい。

もしも、同じような電話がかかってきた不安な方は、慎重に受け答えを…!!!

 

…そもそもフレッツ光じゃn(